離婚協議書作成・離婚公正証書作成なら、県内行政書士離婚関連業務実績No.1の三重県いなべ市の三重離婚・夫婦問題相談室にお任せください。書類作成は全国対応。

離婚や夫婦問題で悩んだ女性が、今何をすべきか、
将来の幸せのために何を考えるべきか、大きな視点から考える手助けをしたい。

電話受付

9:00~21:00
(日祝10:00~17:00)

メール

年中無休24時間対応

初回のご相談は無料(20分)です♪

090-4443-0970

離婚後の姓

離婚後の妻の姓(名字)

結婚によって、姓(名字)を変更した夫又は妻は、離婚によって結婚前の姓に戻ります。

これには特別な手続きはいりませんので、これで不都合のない方、むしろ旧姓に戻ったほうが良いという方はそのまま何もしなくても構いません。


しかし、結婚で姓が変わった人が、離婚後も継続して、結婚時に使っていた姓を名乗りたい場合は、離婚の成立から3ヶ月以内に、「離婚の際に称していた氏を称する届」という書面を結婚前の本籍地もしくは所在地の市町村役場の戸籍課の届け出る必要があります。

前もって結婚時の姓を今後も使うことを決めている場合は、離婚届と同時に届けておくのが良いでしょう。
離婚の成立から3ヶ月以上経ってから姓を変更したい場合は、家庭裁判所の許可が必要になります。

また「離婚の際に称していた氏を称する届」を届け出るのに、離婚した相手の承諾は必要ありません。

離婚後の子供の姓(名字)

子供は出生すると同時に両親の戸籍に入籍しますが、両親が離婚しても、妻だけがその戸籍から抜けるだけで、子供の戸籍はそのままの状態です。

これは母親が親権者となった場合でも、変わることはありません。
子供はそのまま父親の戸籍に残ることになり、母親と子供の戸籍は別々になります。

母親が離婚後も結婚時の姓を名乗る場合、見かけは母親と子供の名字は同じなので、特に何もしなくても感情的なものは別とすれば、特に問題があるわけではありません。


一方、親権者である母親が旧姓に戻った場合でも子供の姓は変わりません

母親と子供が同居していてもお互いの姓は違うということになります。

この場合、子供の住所を管轄する家庭裁判所に子の氏の変更許可申立てをし、子供の戸籍を親権者である母親の戸籍に移動させることで、母親と子供を同じ名字にすることができます。


この申立ては、子供が15歳未満である場合は、親権者である親が行い、子供が15歳以上である場合は、子供本人が申立てをします。

その後、家庭裁判所から交付される許可審判書を添付して、母親の本籍地の市区町村役場に入籍届を提出すると、親権者である母親と子供が同じ戸籍に入り、同じ姓を名乗ることができます。

お問合せはこちら

お問合せ・ご予約は無料。
カウンセリング以外は、
初回20分無料です。

お電話でのお問合せはこちら

090-4443-0970

※営業時間:9:00~18:00(日祝を除く)
※電話受付は21:00まで(日祝は10:00~17:00)。
※メールは年中無休24時間対応しています。

ご連絡先はこちら

有澤歩行政書士事務所

090-4443-0970

住所

〒511-0266
三重県いなべ市大安町石榑南1823番地3

営業時間

営業時間:9:00~18:00
(日祝は事前予約の方のみ)
※電話受付21:00まで   
(日祝は10:00~17:00)。
※メールは年中無休24時間対応しています。

業務エリア

三重県いなべ市、員弁郡、
桑名市、桑名郡、四日市市、三重郡、鈴鹿市、
愛知県名古屋市、弥富市、
津島市、愛西市、海部郡 他
※書類作成は全国対応♪

090-4443-0970

0594-78-1562

a-ari@utopia.ocn.ne.jp

事務所概要はこちら

プロフィールはこちら