離婚協議書作成・離婚公正証書作成なら、県内行政書士離婚関連業務実績No.1の三重県いなべ市の三重離婚・夫婦問題相談室にお任せください。書類作成は全国対応。

離婚や夫婦問題で悩んだ女性が、今何をすべきか、
将来の幸せのために何を考えるべきか、大きな視点から考える手助けをしたい。

電話受付

9:00~21:00
(日祝10:00~17:00)

メール

年中無休24時間対応

初回のご相談は無料(20分)です♪

090-4443-0970

慰謝料

慰謝料は離婚になれば必ず発生するものではありません。

夫婦どちらか一方に原因(浮気・不倫・言葉や直接的な暴力など)があり、それにより夫婦、家族関係が崩壊し離婚に至った、というような場合に、その精神的苦痛に対して請求できます。


ですから夫婦双方に離婚原因がある場合や、性格の不一致が原因で離婚するケースなどでは慰謝料は発生しません。

離婚=慰謝料発生=お金がもらえるということではありません。

また、どちらかに一方的な原因があるとしても、金銭的余裕がなければ「払いたくても払えない」ということもあります。

慰謝料の請求は離婚と同時でなくてもいいですが、離婚成立から3年の消滅時効があります。


一番気になる慰謝料の金額ですが、請求する側が「自分が受けた精神的苦痛は〇〇万円が相当」ということで、自由に請求することはできますが、一応ケースによって相場や基準のようなものがあります。

正式な算定方法はありませんが、離婚に至るまでの責任の大きさ、精神的ダメージの大きさや受けた期間、養育が必要な子供がいるかどうか、相手の社会的地位や支払い能力等を考えて請求することになります。

家庭裁判所でも、離婚に至る原因の所在、責任の割合、婚姻期間、相手の所持している財産や収入を考慮して決めているようです。


標準的な金額としては、不貞行為の場合100~500万円、悪意の遺棄の場合50~300万円、言葉や直接的な暴力50~500万円などとなっています。
ちなみに調停や裁判まで進んだ場合は、証拠があると有利になることがあります。

また、慰謝料は配偶者に対してだけではなく、場合によっては離婚原因を作った第三者や不貞行為を行った相手に対しても請求できる場合もあります。

お問合せはこちら

お問合せ・ご予約は無料。
カウンセリング以外は、
初回30分無料です。

お電話でのお問合せはこちら

090-4443-0970

※営業時間:9:00~18:00(日祝を除く)
※電話受付は21:00まで(日祝は10:00~17:00)。
※メールは年中無休24時間対応しています。

ご連絡先はこちら

有澤歩行政書士事務所

090-4443-0970

住所

〒511-0266
三重県いなべ市大安町石榑南1823番地3

営業時間

営業時間:9:00~18:00
(日祝は事前予約の方のみ)
※電話受付21:00まで   
(日祝は10:00~17:00)。
※メールは年中無休24時間対応しています。

業務エリア

三重県いなべ市、員弁郡、
桑名市、桑名郡、四日市市、三重郡、鈴鹿市、
愛知県名古屋市、弥富市、
津島市、愛西市、海部郡 他
※書類作成は全国対応♪

090-4443-0970

0594-78-1562

a-ari@utopia.ocn.ne.jp

事務所概要はこちら

プロフィールはこちら